斑入り植物の栽培

栽培のポイント

1.葉焼けに注意
白や黄色の斑入り部分は強い日差しに耐えることができません。ふつうの緑葉植物に比べて弱い光で栽培し美しい斑を保ちます
2.環境変化を少なく
光だけでなく、乾燥や肥料不足によるストレスを受けると斑入り部分が枯れ込むことがあります
3.斑の変化に注意
縞斑などでは斑模様が安定しない場合があります。緑葉や白一色などに偏った枝や新芽が生じた場合は早めに切りとってきれいな斑模様がでるようにします
4.種をまいてみる
遺伝様式がよくわからない斑が多くあります。種をまいて新しい斑模様を作ることもできます